子供の医療保険のメリットとは

 子供の医療保険の必要性とも関わってきますが、メリットとして、入っていた人が言うのは、赤ちゃんなど幼児のうちに入院するような病気になっていたケースです。

 子供の入院率というのは意外に低いことはみなさん知っていると思います。親が子供の食生活を含めて、目をかけてやれるからということも理由の一つです。

 ただ、率的に見ると(下記を参照)、0歳児のときの入院率が意外に高いことがわかります。

性・年齢階級別にみた受療率(人口10万対/平成23年調べ)

年齢入院数入院率
0歳10361.03%
1~41750.17%
5~91030.10%
10~14980.098%
15~191250.12%

 生まれてすぐの時に未熟児で生まれたり、出産時のもしものことで、入院をしなくてはいけないケースが少ない率ではあるようです。

 出産後、赤ちゃんが元気どうかは、実際のところは産まれてみないとわからないのですが、結果、入院しなくてはいけなくなった場合に、先に入っておいた医療保険が役に立ったということがあるようです。

デメリットは保険が必要なかった場合

 メリットがあればデメリットもあります。
 それは、子供が健康で使う必要がなかった場合だと思います。

 これについては正直、良かったという話だと思います。
 考え方ですが、健康だったらそれでいいというおまじないの気持ちで保険料の安い共済などに入っている人が多いのではないでしょうか?

スポンサード リンク

このページの先頭へ